2009年01月24日

美容院にて

美容院に行きました。
会社の掟が厳しいので、髪の色は黒、と決まっていますが、
20代半ばから白髪が目立ち。。。
もっと言えば小学校時代から赤毛や金髪が多く、
黒に染めています。

「どうせ染めるなら少し明るくしたら。」

と美容師さんからも言われていますが、そうも出来ません。
でもこれで最後。
会社を辞めたら思いっきり金髪にでもしてみようかと
思っているところです。
今更、、、ですが。

「でも、真っ黒でストレートなんて最近居ないから貴重よね。」

今時の皆さんは染めるか、パーマをかけるかしていますからね。
かなり時代遅れな髪型なのかも知れませんね。

それはそうと、そこの美容師さんとは高校時代からのお付き合いなので、
今度の3月で会社を退職すると言いました。
すると、
「あら、かわいそうに。」
と言われてしまい、この不況でリストラにあったと思ったようです。

何かそう思う人もいるんですね。。
私は違うんで、それはちゃんと説明しておきました。
ウチの会社は絶対にリストラはしないそうなんです。
それは立ち上げのときに、人を集めるのに大変苦労した会社なんで。

会社の名誉もあるし、私の名誉でもあります。
傲慢だとは思いますが、辞めたくて辞めるのと、
辞めさせられるのとでは偉い違いですからね。

でも世間はそう見るんだろうな。。。
posted by リナ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

カミングアウト

今日、もう一つのブログで、
自分のことをカミングアウトしました。

もう、そこのブログはやめようと思って。
なぜなら、書くことがなくなったから・・・。


多分、このブログを読んで、
驚かれるでしょう・・・。

受け入れてくださるか、心配。
引かれる方もいらっしゃるでしょう。

でも、これが本当の私。

私はマゾなのです。
それが私の心の底から求める本当の思いなのです。



posted by リナ at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

リンク希望

ブログのタイトル『私を泣かせてください』は、歌劇“リナルド”の中の歌。
最初、この曲のタイトルだけを知り、
胸に響きました。
他にも「我を泣かせたまえ」などと訳されてもいるようです。

自分がブログを始めるに当たり、タイトルをいろいろ考えましたが、
なんだかセンスなくてどれもこれもイマイチ。
そこで思い出したのがこの曲のタイトル。
まんまパクリですが、問題あるのかな…。


それで曲を聴いてみたら…、
…耳に馴染んですごく落ち着きました。
そんなすばらしい曲を皆様にも聴いて頂きたくて、最初の頃は直リンクしていましたが、
それはしてはいけないらしく、すぐに外しました。サイトオーナーの方に了承を得ないといけないらしいのです…。

当時もリンク希望を出そうと思いましたが、
記事もろくろくなく、
続けていける自信もなくて…。
どんなサイトかわからないとダメだと思いましたし、せっかくリンクさせて頂いたのに、すぐ閉鎖になっては申し訳なく思って…。
けれども、今は記事も少しは増え、続けていける自信も増え、サイトオーナー様にメールを送ってみました。

難しいかもしれませんが、
希望を持ってお返事をお待ちしています。
posted by リナ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

潔癖性だったのに。

決して超綺麗好き、と言うわけではありませんが、
母と二人の生活が長かったせいか、男の人に対して、妙に潔癖性になってしまった。

まぁそれでも男の人と付き合ううちに、少しずつは改善されてきた。


続きを読む
posted by リナ at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

終わったと思った私

自分は不感症じゃないか。
若しくは、年齢的にも30歳を過ぎたこともあり、
女として終わってしまったのではないか。

・・・と思ったことがあります。
それはとても悲しく、もうこのまま何の快感も得ないまま、
死んでいくのか・・・と、
大げさに考えました。

不感症のまま、女を終える。
とても不幸なことだと思いました。




なぜなら。
posted by リナ at 18:35| Comment(8) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

いじめられっ子

それほどいじめられていた訳ではありませんが、
多少のいじめは経験あります。

小学校の頃。
ある男の子が、まるで私を目の仇のように、
何かというといじめてきました。
突然殴ってきたり、怒鳴ってきたりするので、
私は怖くてたまらず、なるべく避けていましたが、
ある日、突然優しくなりはじめたのです。
続きを読む
posted by リナ at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

十年前の指摘

十年前に、付き合っていた人から、
「リナはMだからな。」
と言われたことがありました。

私は、当時はそんなことはないと心の底から否定していました。

彼とはもうお別れしていますが、
近頃、彼とお話する機会があり、SMについての話にもなり・・・。

ちょっと聞いてみました。
「ねぇ、あなたはいつ自分がSだって気づいたの?」
彼は、
「そうだな・・・。でも自分がSだと気づいたのより、リナがMだって気づいたのが先だな。」
と答えました。

続きを読む
posted by リナ at 17:09| Comment(4) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mとしての目覚め〜幼少編

子供のころの話をひとつ。
母子家庭だったので、母は昼も夜も働いていました。
夜、まだ小学校低学年だった私は、近所の家に泊まりに行っていました。
そこの家にいたのは、私より一つ年下の男の子。マコちゃんと呼んでいました。

マコちゃんは、よく私をいじめました。
一つ年下だけど、マコちゃんの方が体も大きく、
プロレスごっこの相手をさせられ、
しょっちゅう馬乗りになられては、体を押さえつけられました。

続きを読む
posted by リナ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

M女ニ年生

ちょうど去年の今ごろ、
私は自分をM女だと自覚しはじめました。

自覚して、気持ちが楽になりました。

自分はどこかおかしいのではないかと思っていましたから。


世の中にはいるのです、

苛められたい・・・、
辱められたい・・・、
泣かされたい・・・、
と思う女が。

でも、誰にでもそうされたい訳ではありません。
posted by リナ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私を泣かせてください

私のような者のブログに、
このような高尚なブログ名をつけるのはなんとも心苦しいのですが、
M女としてこの曲のタイトルはとても共感するのです。
posted by リナ at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。