2013年06月23日

もう〜、調子いいこと言うのやめよ〜よ

その場の流れって言うか、そういうのって結構あると思うし、
元々日本人は社交辞令が多いのですが・・・。

たとえば、引越し状に「遊びに来て下さい」とか、
今日行きたくないお誘いは「またお願いします」とか。

それと同じことなのかなぁと思うけど、
余りにも具体的にリアルに「○○してあげる」って言ってくれたのに、
実際そういうことがあっても、知らんぷり。。

結構傷ついた。

だからって「あんた、あの時、○○してくれる、って言ったじゃん!」
なんて言えないしねw

あんまり調子いこと言うもんじゃないなって、自分自身、堅く戒めようと思う。
posted by リナ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

思い出の通知表

引越しが決まり、押入れの奥深く眠っていた段ボールを開けた。
そこには昔の日記帳や、通知表があった。

通知表には、先生からのコメントが書かれてあった。
よく書かれていたことは
「元気がない。積極性が欲しい。体を鍛えるように。」
ということだった。

その他、たくさんのマイナスコメントがあった中で、一つだけ褒めてもらえたコメントを見つけた。
それは信じられないのだが、小学校4年生の委員活動の中で、
「教師の代わりに授業を進めていてくれた」
とあった。

そんなことあったけ・・・、と思い起こしてみた。

そうだ、当時の親友と一緒に「社会科委員」というのをやって、授業が始まると、前に出て、教科書を読み、わからない言葉をクラスの人に質問し、それに答えると言う恐ろしいこと(苦笑)をやっていた。
授業の前の日は、質問されると思われることばを下調べして、答えられるようにしていたような気がする。
わからないところは、「先生、お願いします」と言っていたような気もする。

消極的な私がよく頑張っていたなぁと思う。

というか、消極的な人でも、場を与えられれば積極的になれるのだと思う。
頑張れるのだと思う。

私と同じような人がいたら、そのような場を与えてあげられるように出来たらと思った。
posted by リナ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

人の評価は信じるな

今回、3回ほど、同じようなことが起きた。

ひとつは、もうすぐ引っ越そうとする先の大家さんのこと。
大家さんを紹介してくれた人から、
「もうおじいさんだから、まともな話はできない。耳も遠いからろくにコミュニケーションも取れない」
と言われた。そのつもりでいたのだが、まともでしっかりしていたし、契約書もちゃんとその場で書いてくれた。お話も楽しくできた。

ふたつめは、上司のこと。
「○○くんの激務ぶりはちょっとひどすぎる。何とかしてやらなきゃいけないのでは。」
という話を聞き、当の○○くんにねぎらいの言葉とともに、様子を伺ったところ、言った張本人である上司が、かなり酷い仕事を押し付けているそうだった。

3つめは、親戚のこと。
以前、親戚がらみでもめたことがあった。
親戚がある店をやっているが、そこを通さないである物を買ったことがあり、
別の親せきから
「なんで、あの人の店から買ってやらなかったんだ!本当に冷たい!!」
と言われた。
今回、その親戚を通して、ある物を買おうとしたら、当の親せきは非常に迷惑そうな応対で、
「うーん、いつまでに欲しいの?あまり在庫がないんだよね。それに高くなっちゃうよ?量販店でも行ったら?」
と全然歓迎されなかった。

もう人の評価は聞かない、信じない。
皆さん結構、適当ね〜。





















私もだけど・・・。
posted by リナ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

比較

いろいろ前彼達との記憶が蘇ってきます・・・。

もちろん、本人たちには言わないし、周りの誰にも言うことはないでしょう。
ココでだけ、言いたいと思います。

今の彼と、前の彼は、身長体重がよく似ています。
身長はほぼ同じ、体重は前彼の方が若干多かったでしょうか・・・。
一言で言えば、二人とも体が大きく「ゴツイ」という感じです。
でも、全然違います。

今の彼は、本当にふっくら・もっちりとしています。
見た目は全然変わらないのに、触ると堅い筋肉は全く無く、柔らかい贅肉がついています。
「太っている」というのはこういうことを言うのかなぁ・・・、とつくづく思います。
何だか少し可哀そうになるくらい、筋肉がありません。
それは本人も気にしていて、ジムに行こうかなぁと言っていました。
なかなか行けなそうな感じですが・・・。

年齢は、今の彼は私より年下ではありますが、今迄付き合った人の中では二番目に年上です。
だからかも知れませんが、人間がよく出来ています。
結婚しているからかもしれません。。
今迄既婚者とはつきあったことがありませんでした。
結婚すると色々な忍耐や背負うものがあるせいか、本当に大人だなぁと思います。
数か月前に好きだった、私よりも20歳年上のオジサンは、年上だったけど本当に子どもでした。
だから、余計そう思うのかも知れませんが・・・。

とは言え、既婚者で、浮気をしている人が人間が出来ているわけはないという意見もあるかも知れませんが、
騙されやすい私には、とてもいい人だと思えます。
というか、浮気をしてもバレずにうまくやって行ける人ですから、いい人の振りというか、演技が上手だと言うことかも知れません。
女の人がどうすると喜ぶか、ここまでのことならギリギリ怒らないだろうとか、
その辺りをよくわきまえているような気がします。

私自身の変化と言えば、少し前向きになってきた感じがします。
とりあえずは、私の事を一応「好き」と言うことで付き合ってくれますし、
私のようなオバちゃんを女として求めてくれているから、自信が持てます。
体目的でもいいんです。こんな体でよろしければ、って思います。

そして幸せを期待しなくなりました。
「私はこんなに頑張って、一生懸命、正しくやっているんだから、絶対に報われるはず」
みたいな気持ちがどこかにあったと思います。
また、今迄不幸なことが多かったから、その分も幸せになれると期待しすぎて、
それで、嫌なことがあると必要以上に落ち込んでいたような気がします。

でも、今、こうしていけないことをしていて、法的にも罰せられるようなことをしている私には、
そんな幸せは来ないでしょうし、来たら本当に有難いことだと思います。申し訳ないくらいです。、
嫌なことがあってもそれは私の行いが悪いわけで、何だか帳尻が合ってホッとすると言う言い方はちょっと言い過ぎかも知れませんが、罰を与えられて当然だと思います。
・・・幸いなことにそこまでの罰は、今のところありませんが・・・。

彼も同じです。決してバレないようにしているとは言え、本来なら家族に使うべき時間やお金を、私と過ごすことで使っています。
だから、彼も本当に悪い人でしょう。
でも私には、救いの手を差し伸べてくれた人です。
posted by リナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

生活のハリ

昨日は二回目のデートでした。
相手の住んでいるところは遠距離(200キロ)で、既婚者で、私も仕事が不定期&不安定で、色々忙しかったりするし、女性特有の体調の都合もあるし、3週間ぶりのデートとなりました。
今後もこれくらいのペースで会っていくことになるのでしょうか・・・。

前回は緊張と、またデートできるかとか、色々不安な面がたくさんありましたが、
今回は緊張もだいぶほぐれ、楽しむことができました。

会った後も、前回は寂しい気持ちでいっぱいになりましたが、
今回は爽快感が先に立ち、そして寂しい気持ちがやってきました。

色々思い悩むところも多い私ですが、3週間に一度でも月に一度でも、
ご褒美の日ということで、その日に向かって過ごして行けたらと思います。
posted by リナ at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。