2010年08月30日

彼の弱気

彼は若いし、常に前向きなので、いつ声を聞いても
元気いっぱいなのだが、
土曜日からイマイチ声に元気がない。

今までがあまりに元気そうで、
「疲れていない?」
と聞いても、いつも
「大丈夫」
と言ってくれていたのに、
今回の電話の声は余りにも弱気で、泣きそうな感じの声だった。

「大丈夫?」
と聞いたら
「いやぁ、、、先週の出張以降、休みがなくてそれが効いてるみたいだよ。」
と言った。初めて聞いた泣き言。

心配でたまらない。
さっき少し話をしたときは、元の声になっていたけど・・・。

自分が体調が悪いのに、私に無理をするな、
ゆっくり過ごせと言う。

早く元気になりますように。
posted by リナ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

最近の高速バス事情・・・最低な私

昨年の今頃は、毎週のように高速バスに乗っていた。
通学のために・・・。

朝一番のバスだったせいもあるが、満員と言うことはまずなく、
皆さん眠いせいか、バスの中が静かだった。

昨日久しぶりに乗ったら、満員だった。
実は先日も乗ろうとしたら、前日の予約でチケットが取れなかった。

満員=色々な人がいる。
ワキガの人が乗っていて社内が臭くて閉口した。
そして、障害者の方がいた・・・。
私は障害者の方を見るのが辛い。
身体的な障害者はそうでもないけど、知的の方は特に。
胸が痛くなるの。

でもどういう縁か、行き帰りとも一緒だった。
それも隣の席で・・・。

そして、通常はバス会社の配慮で、男女隣同士にはならないのだが、
今回の帰りのバスはオジサンが隣だった。
そのオジサンは、ずーーーーっと話しかけてきた。

何だか私はこわくなってしまった。
最近色々な事件もあるし、変な人じゃないかなぁとか、
無視したら逆切れされるんじゃないかとか・・・。
そのため、愛想よく返事をしていたら、余計話しかけてきた。

オジサンは、一人暮らしでどこに住んでいるとか、
その証拠がコレだとか言って、住民基本台帳を見せてくれた。
そして生い立ちから、家族のことから・・・。
ちなみに両親はもう亡くなっていて、一人暮らし。
お兄さんが故郷にいるそうですが、自分は働けない体なので、
生活保護を受けているとか。。
今回はどうしてバスに乗っているのかとか。。

本を読んだり、携帯をいじりながら、さりげなく話を聞きたくないアピールを
したけど、一通り自分のことを話すと今度は私のことを聞いてきた。
誰と暮らしているのかとか、どこに住んでいるのとか・・・。

何だか怖くて全部嘘をついた。

目的地はオジサンも私も同じ場所で、一緒に降りた。
私はそのまま逃げるように帰ろうと思ったが、
余りにもそれでは冷たいと思い、
オジサンに声を掛けた。
「ここからの道は大丈夫ですか?」
と聞いたら、あっさりと、
「大丈夫大丈夫」
と言って去っていきました。

・・・オジサンは何も悪気はなく、
単に道中暇だったから話し相手が欲しかったらしいです。

変に警戒心が強かった自分が恥ずかしいです。
posted by リナ at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

昔のこと

さっき、ニュースで渋谷の音楽関係のお店が閉店すると言っていた。
そのBGMで、ピチカートファイブの曲がかかっていて、
その時の思い出がどっと押し寄せてきた。

結構長く聴いていたから、それなりに思い出がある。
カラオケでも歌ったし・・・。

あの曲を聴いていたころは、何だかとても輝いていたような気がする。
今より10歳以上若かったし、合コンにも呼ばれていた。
仕事もそこそこお気楽で、そこそこ充実していて、
そこそこ責任もあって・・・。
そして、未来を信じていた。早く結婚したいと思っていた。

こんなことを言うと暗くなるが、
もう何回もここのブログでは書いているけれど、
幼い頃に両親が離婚し、母一人子一人で貧乏生活をし、
高校生で母を亡くした。
私は、周りと比べここまで不幸な人はいないと思い、
これからは絶対に幸せになれるだろうと思っていた。

その頃の私が思う幸せは、幸せな結婚だった。
私にはもったいないような男の人が、
なぜか私を選んで幸せにしてくれるという、
安易な夢を持っていた。

ところが現実は厳しかった。
その後は、体調を壊し治療費に何百万円もかかった。
年下の彼氏の借金の肩代わりをしてしまい、
踏み倒されそうになった。
本気で好きになった分、辛い失恋を何度もした。
仕事も給料以上の責任があり、押しつぶされそうになった。
認められてはいたけれど、頭の悪い新入社員に悩まされ、
でも私以外の人はちやほやしていて、そのギャップに悩んだ。
胃炎や欝にも悩まされた。

書いていて思ったが、結構耐えたなぁ。
今は、とにかく夢の職業に就けたことでそれが一番幸せだ。

ピチカートファイブを聴いていた頃の私に、
もっと早く自分の夢を持て、そしてもっと勉強しろと言いたい。

今、私はレミオロメンやコブクロを聴いているが、
10年以上経って、又、今みたいに色々思い出すだろうか。

その頃の私は、今よりもっと幸せでいたい。

posted by リナ at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

会社員の悩み

先日、前の会社のお局様たちにお会いした。
彼女たちはとても美人だ。
でも、歳には勝てない。
男たちは若い子が好きな人が多い。

今までは、私たちがちやほやされていたのに、
どうしてあの若い子ばかり、ちやほやするの。
あの子達は若いだけで、中身もないしブスじゃない!

・・・という話を散々聞かされた。

仕方ないじゃんと思う。

あなたたち元々美人な人たちは、
今までちやほやされて、その番が後輩になっただけ。

なのにどうしてそんなに愚痴るのか・・・。
他に悩みはないのだろうかと思うほど、
その話題に固執していた。

・・・たぶん、会社員時代は、私もそのことで悩んでいたんだろうと思う。
でもすっかり忘れてしまった。
(でも、私は若い頃はそれほどちやほやされていなかったため、
若い頃から可愛い子がちやほやされていることに嫉妬していた。)

愚痴を吐き出され、それを吸った私は体調が悪い。
会社員時代の体調が戻ってきたようだ。


posted by リナ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

同級生と

久しぶりに高校の同級生と会った。
懐かしい気持ちと供に、ずいぶん距離が出来てしまった。

彼女たちは結婚して子どもがいる。
話は専ら子どもの教育の話。

今の彼が教育関係の仕事なので、リンクするところもあり、
興味深く聞いていた。

でも、高校は公立しか行かせない。
私立に行くなら就職。
大学もお金がないから、行かせない。
頭悪いし、同じ事を何回教えてもわからない。
こっちがイライラしてしまう。
本人にいくらダメ出しをしても、わからない。

何だかひどいなぁ、と思っちゃった。

その家の事情や考え方もあるだろうけどね。
posted by リナ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。