2007年11月11日

猫カレンダー

いきつけのブログで紹介されていたカレンダーです。
可愛い猫ちゃんの写真がいっぱいなのです。
今日から発売で、日付が変わるとともに買ってしまいました。

01.jpg
【11月11日発売】2008 コラボにゃんカレンダー(収益は「ねこだすけ」に使用されます)

posted by リナ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

お見合いお断り ラスト

結局、お会いすることも考えなかったわけではありませんが、
今までのメール交換があまりにも盛り上がらず、
会っても後悔しそうな感じがしたので、会うのをやめることにしました。

もちろん、ハッキリ「お断りします」とは言わず、
やんわりと、、、ですが、
もう返事も来ないし相手にも伝わったことでしょう。

従姉にも言いました。
「メル友からはじめるのには無理があったようです。」
と伝えました。

すると従姉からは、
「ゴメンナサイね。
 リナちゃんは、メールからはじめる、ということはダメなんですね。」
という返事が届きました。

いえいえ、相手によるんです。
今付き合っている彼氏とは、メールから始まりましたが・・・。
何てことは言えませんがw

従姉のメールは、最初から最後まで、
なんだか馬鹿にされたようで、悔しくなりました。
最初から、断ればよかった・・・。

ってか本当に馬鹿なので仕方ないですけどね。

この一連のお話は、僅か10日間のことです。

本当に後悔しています。


posted by リナ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

お見合いおことわり6

その後、私たちはメールを何通かやりとりをしました。
しかし、メールの交換をしても何のときめきもなく、
話の共通点も見つからず、広がりもありませんでした。

きっと相性が悪かったんでしょうね。

メール交換というのはどのくらいの頻度でするものかはそれぞれだと思いますが、
楽しいメール交換ならば、日に何度もということもあるでしょう。
しかし、私たちのメール交換は一日おきでした。

そのうち、何を書こう?と億劫になってしまい、
心の中にもやもやしたものが常に渦を巻いたようにある感じでした。

なので、私はもう断ろうと思いました。

「件名:
 内容:●●は、○○なんですよ。(事務的な答え)
    ところで、こうしてメール交換をするのも、
    知らない者同士、なかなか無理がありませんか?」

キツイですね・・・。

すると相手からは、こう来ました。
これは一日おきではなく、即答でした。

「件名:Re:
 内容:そうですね。
    お会いできますか?」

相手からのメールは更にキツイものでした。

このまま終わりにするか、若しくは、
もう少しメール交換をしようとか、そうすれば分かり合えるとか言ってくれると思ってたんですがね・・・。

私ってワガママなんでしょうかね・・・。

つづく
posted by リナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

お見合いお断り5

最初は、返事は明日にしようと思っていたのですが、
2通目のメールが来たことにより、
やはりすぐに返事を出さなくては、と思いました。

私がメールのあて先がわからないとでも思っているようなので・・・。

「件名:はじめまして
 内容:メールをありがとうございます。
    ○○リナと申します。
    私は両親を早くに亡くし、●●で一人で暮らしています。
    夜もお仕事とは大変ですね。
    頑張ってくださいね。」

人のメールのことは言えない内容です・・・。
両親を早く亡くしたことは、私にとって一番知ってもらいたいことだったので、重いかな?とは思いましたが、
あえて最初のメールで送りました。

翌朝、6時ごろ返事が届きました。

「件名:おはよう
 内容:リナさんおはようございます。
    昨夜は良く眠れましたか?
    僕は良く眠れました。
    一人暮らしとは大変ですね。」

あれ?
昨夜、9時過ぎにメールが届いたとき、
「これから仕事」って言ってませんでした??
なのに、「僕は良く眠れました」とは・・・。
仕事中に寝てたんですか?

ま、どうでもいいか。

特に聞きなおしたりすることもなく、それについてはスルーすることにしました。

今思うのですが、彼はそのことをツッコンで聞いて欲しかったのかも知れません。
ボケてみたのかもしれません。

つづく
posted by リナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

お見合いお断り4

最初に彼からメールが届きました。

「件名:はじめまして
 内容:僕はA山B男といいます。
    ●●に両親と3人で住んでいます。
    4月から●●で仕事をしていて、
    まだ慣れなくて大変です。
    今夜もこれから仕事だけど頑張らなくちゃ(^O^)」

・・・実は彼とのメールは全て履歴から消してしまったので、
記憶に頼っているのですが。。。

しかし、何だかイマイチ・・と思いました。
軽いし、いきなりタメグチかよって感じ。
私としては彼が頭の良さそうな、誠実そうな人と、
勝手に想像していました。

でも従姉から「彼は口がうまくなくて」
と聞いておりましたので、メールの文章も下手なんだろうなと思いました。

呆気に取られた私は、そのままメールを返さずにいました。
すると、2〜3時間後に、二度目のメールが。

「件名:無題
 内容:僕のメールアドレスは、
    xxx@zzz.ne.jpです!」

と届きました・・・。

つづく

posted by リナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

お見合いお断り3

彼のプロフィールを聞いて、ダメと思った理由ですが。。。

年齢:43歳
 私の年齢からしてみれば、ちょうどよい釣り合いのとれた年齢かもしれません。
 でも、私にとっては「離れすぎている」という感じがします。
 そもそも年下が好きだし、気も合うので・・・。

職業:保育士
 この職業につく、ということは子供が好きということでしょう。
 私は子供があまり好きではないのです。
 冷たい人間と思われそうですが・・・。
 嫌いというわけではありません。本当に愛しく、好きになる子供もいますが、
無条件で子供は皆好き!というわけではないのです。

婚暦:数年前に妻と死別
 気持ちに整理はついているでしょうが、
 無意識のうちに以前の奥様と比べられるんだろうな・・・、
と思うと・・・。
 死んだ人は自分の中でどんどん美化されますしね。。。

住所:高速で1時間ほどの距離
 会いたいと思うとき、すぐに会えない距離。
 やっぱり近くに住んでいる人がいいです。
 結婚後の環境もあまり変わらなくて済みますし・・・。


そんなに合わない人となぜメール交換をはじめたか?
一つは従姉に断りづらかったことと、
最近彼に会えず、寂しかったことと、
条件的には合わなくても、それでも好きになることが出来る人がいるかもしれないという甘い期待からです。

つづく
posted by リナ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

お見合いお断り2

先日、親戚からお見合いのお話がありましたが、
その親戚との付き合いが嫌でお断りした、ということを書きました。

断ったのですが、「お断りします」
とはっきり言った訳ではないので、
私の言い方が弱く、うまく伝わらなかったらしく、通じなかったようです。
「かたく考えないで、メール交換だけでもどう?
 それで気があったらいいじゃない?」
と言われました。
メール交換も面倒くさいし、お断りしたかったのですが、
結局メール交換をすることになりました。

出会い系でもないのに、メール交換から・・・、と薦める従姉ってさ・・・、なんか変だと思いませんか??

でも、これも一つの縁かもしれないし、
もしかしたら、すっごく良い人かもしれません。

そんな期待を心の端に持ちつつも、
彼のスペックを聞いてダメかもしれないな・・・、と思いました。

年齢:43歳
職業:保育士
婚暦:数年前に妻と死別
住所:高速で1時間ほどの距離


つづく
posted by リナ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。