2007年06月30日

第二夜

今日の中華料理店は本当に美味しかったです。
久しぶりにこんなに美味しいものをいただいた、という感じです。
おしゃべりもたくさん出来て楽しかったですし、
いろいろ発散して、
元気をいただきました。

今夜のお相手は女性一人だけ。
28歳の息子さんがいるという話をはじめて聞き、
今まで自分より少しだけ上と思っていただけに、
大変驚きました。

いろいろお話していく中で、ハムテルの話も少ししました。
会社にこんな子がいて・・・、という感じで。
特に褒めたつもりも、誇張していったつもりも無かったのですが、
「いい子だねぇ。。。」
と心から感心するように言われたので驚きました。
やはりハムテルはいい子なんですね。

美味しい料理に気の合う友達。
本当に楽しい夜でした。
これでますます元気になれました。
posted by リナ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気分転換

昨夜は韓国料理を食べてきました。
以前、お誘いがあったこちらの方を交えて。

彼以外全て女性という、ハーレム状態。
他の方とも多少面識はありましたが、
こうしてお食事をして、いろいろ話すのははじめて。

でも、最近仕事のことで疲れきっていたので、
本当に良い気分転換となりました。

たくさんの仕事、新しい仕事、
後輩の図々しさ。
ハムテルへの思い。

こういうものは1人で家で寝てても、悪い夢で見るばかりです。
彼としょっちゅう会えればいいのだけどそうは行かないし、
全て事情を知っている彼に、毎度の愚痴ばかり話すのも嫌になります。

こうして誰も私のことを知らない、という環境に身を置くのも、
気持ちをリフレッシュさせる良い機会なのかも知れません。

ところで今夜は中華料理を食べにいきます。
さらに元気をもらってきます!
posted by リナ at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

お土産・・・その後

その後シリーズが多い最近ですが、
お土産は買ってきていただけました。
とっても嬉しかったです。

皆で分けていただきました。ごちそうさま黒ハート
ハムテルは東京バナナを買ってきてくれたのと同時に、
もう一つ別のお土産も買ってきてくれました。

・・・ところで、例の後輩も、お土産を依頼していました。
彼女の好物らしく、それは家に持ち帰ったようです。

それを知っていたらお願いしなかったです。
ハムテルはお金を受け取りませんでしたから・・・。
(一応10以上も年下の後輩にお土産を半強制的にお願いしたので、お金を渡しましたが、受け取らなかったのです。)
散財させて申し訳なかったなと思いました。。。
posted by リナ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

お土産催促

ハムテルが明日東京へ出張するという。
なので、冗談で言ってみた。

「ねぇ、明日、東京バナナ買ってきてよ。」
と言ってみた。
「え?なんですか?」
東京バナナ買ってきて。」
「え?」
「もう、いいよ。そうやって聞こえないフリするんならちっ(怒った顔)
「えぇ〜?聞こえないフリじゃないですよ、本当に聞こえないんですよ。」

ひともんちゃくの末、結局、買ってきてもらうことになり、明後日が楽しみ。
早く明後日にならないかな。

そんなことを思うだけでワクワクするんだ。
私って馬鹿だ。
posted by リナ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

プチ・思いがけないことばかり

先輩と口喧嘩してかなり頭にきたり、
突然足が吊って、階段を上るのに苦労したり、
楽しみにしていた飲み会がとってもつまらなかったり、
二週間後に出産予定の友達が突然出産したり、
ハムテルを叱ったり、
なんだか思いがけないことが多かった一週間。

ちょっと疲れたな。
posted by リナ at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

2年。

出会ってからあっというまに2年経ってしまいました。

世間一般で言えば、とんでもない出会い方をしたにもかかわらず、

・・・悪い人じゃなくて、彼に出会えて本当によかったです。

当たり前のことかもしれませんが、

彼は、女関係・お金・暴力で私を泣かせたことはありません。

甘い言葉は言わず、

自分からはベタベタしてきませんので、

物足りなく思うこともありますが、

だからこそ信用できる人だと思います。

彼が言う言葉は真実で、

彼の態度も真実。

こんな穏やかな恋愛を教えてくれて感謝しています。


posted by リナ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

行き詰まりの先に

寒いのです。
エアコンが、私のデスク周りにばかり効きすぎます。
なので、長袖を着ていると、
「暑そう。信じらんね。」
と言われたりします。
頭にきたので、私の席に座らせると、
「あぁ、ここは本当に涼しいんだね。リナさんにとっては寒いかもね。」
と言われますが・・・。

なので、体が冷えてしまい、体調が優れません。

また、後輩との仲も悩みどころが多い。
暑くなり、彼女の体臭や口臭はパワーアップしているし、
態度もパワーアップ。
ほとほと疲れてしまいます・・・。

そんな中、昼休みのこと。
仲良くしている先輩が、「ドラえもんって書ける?」と不意に言って来ました。
なぜドラえもん??と思いつつも、
ドラえもんは、絵描き歌があるから書けますよ〜、と言って、
歌いながら書きました。
これって一般常識じゃないの?
と思っていた私でしたが、先輩は知りませんでしたので、
「上手だね〜」
と言って感心していました。

そこに通りかかったハムテル。
ハムテルにもドラえもんを書かせてみました。
ハムテルのドラえもんは、
顔はともかく、胴体が書けなかったらしく、
たこのような軟体動物になっていました。
その軟体動物のような足が、ツボに入ってしまい、
どうしようもなく笑ってしまいました。

ハムテルには悪いと思いましたが、
笑ったらすっきりして、なんだかどうでも良くなりました。
私にはやっぱり、ハムテルが必要かもしれません。。。



posted by リナ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

目覚めたときの寂しさ

久しぶりに長時間のデートができました。
最近は当日の朝から夕方まで、というパターンが多かったので、
長く一緒にいるのは久しぶりのことです。

金曜日の夜から日曜日の昼まで。

今夜一緒にいて、明日も一緒にいられる。
それがすごく嬉しくて、
特に金曜日の夜はハイテンションでした。



彼とお別れしたあと、
少し、うとうとと眠りました。

起きたとき、彼はいませんでした。

たった二晩一緒にいただけなのに、
彼がいないという空気がとてもさびしく思えました。

冷たい空気。
まるで冬のように感じました。
posted by リナ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

「疲れたら、休む」を目標に。

今日は人間ドックに行ってまいりました。
一年に一回の体の点検です。
心配なのは、
母が胃がんで亡くなっているので胃と、
目が悪いので眼圧と、
一応女性なので、婦人科の検査。

幸いそれらは大丈夫でした。
一つ再検査がありますが、
それ以外は非常に良い数値とのこと。

ところで、その検診センターでは最後に看護士さんと話し合いをし、
今後の目標を決める、ということをしています。

今後一年間の目標。
それは、無理をしない、達成できそうな、
その人の体に適した目標です。

看護士さんは、私の話を聞いた後、
「リナさんの第一目標は、『疲れたら、休む』にしましょう。」
それを聞いてなんだかすごく救われた気がしました。
別に楽が出来るから、嬉しいというわけではないです・・・。

運動不足だから、もっと運動するようにとか、
野菜不足だから、ちゃんと食べるようにとか、
そういう重荷を課せられたわけではなかったのです。
そのような課題をいただいたら、それだけで疲れてしまうことがわかったのでしょうか・・・。

看護士さんの気持ちがすごく嬉しかったのです。
それを聞いて逆にやる気が出ました。
posted by リナ at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

待ち合わせ

最近入社した私の後輩は、若くて可愛い。
まだ本当に、少女という感じでフワフワしたマシュマロみたいだ。
ハムテルが(仕事上でだが)彼女を連れて歩いていると、
本当にお似合いで、
まるでお雛様みたいだ。

あぁ、やはり若いもんは若いもんどうしですなー。
・・・とつくづく思う。

そのせいではないのだが、ハムテルとは距離が出来ていた。
一方的に私のほうだけなのだが。

私はどうかしている。
ハムテルに、
・・・10以上も年下の男に、
たとえわずかでも恋心みたいなものを抱くなんて。。。
私には彼もいる。
年相応の彼がいるんだしね!

そんなふうに思いはじめて、
思い込んで、
思うようにしていた。

ところが今日、ハムテルと帰りに駐車場で待ち合わせをすることになった。
たいしたことではない。
先日貸した本を返してもらうためだ。
帰る時間になり、
「ハムテルさんも今日は帰れるの?」
と確認したら、帰れるようだったので、
私は一足先にタイムカードを押した。
駐車場で待って、そこで返してもらおうと思ったのだ。

友達へのメールを返信しながら待った。
15分くらい待っただろうか、、、
ハムテルは来なかった。
ハムテルは人の良さから、
帰り際に何か仕事を任されることが多いのだ。
帰り際に仕事を言いつける上司も上司だと思うのだが・・・。

もう来ない。
急に残業になったかもしれない・・・。

今まで男と待ち合わせをしていて、
なかなか来なくて待たされたことを思い出した。
事故にあったかも知れない。
急に私のことが嫌いになってすっぽかしたのかもしれない。
電話をかけてみようか。
でも出なかったらもっと不安になる。
さっきもかけたばかりだから、又かけるのもしつこい・・・。
そんなマイナス志向的なことを考えながら待っていたことを思い出した。

ハムテルもきっと来ないのだ。
違う理由であったとしても、
私との待ち合わせになんか、
ハムテルは、来ない。




そう思い、自分の車を出そうとしたとき、
ハムテルの影が見えた。
ハムテルは私の車に気づくと小走りで寄ってきた。
「あぁ・・・、すみません。ずっと待っていたんですか?
遅くなってすみません。」
と言った。
「本当に遅くなっちゃって・・・。
ずっと待っていたんですよね、なにして待っていたんですか?」
と、とても申し訳なさそうに謝るのだった。
「友達からメールが来たからメールを返していました。」
私はびっくりしてしまい、つい棒読みの台詞で答えた。

過去の待ち合わせで待たされたとき、
たいていの理由は単なる遅刻だった。
事故などの理由より、それは私を安堵させるものであったから、
よかったのだが、
今までここまで謝られたことはなかった。
もっと待たされたときも、「ごめん」の一言で終わったこともあり、
それでも来てくれたことでうれしかった。

だから、
こうして、
たった15分待たされただけなのに、
こんなに、
いっぱい、
申し訳なさそうに謝ってくれたハムテルに、
感動した。

ハムテルからすれば、まさか待っているとは思わなかったようだ。
もしかして、薄気味悪いと思われたのかな・・・。


ハムテルは女の子を待たせることなんてないんだね、きっと。
ハムテルの彼女はきっと幸せだ。
最近、私の後輩とハムテルが噂になっている。
それでもいいと、


やっと思い始めていたのに・・・。






posted by リナ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。