2007年04月28日

疲れる理由、その後

ほんの数日前のことも、人間と言うのは(特に私は)忘れるものです。
先日は、次のことで疲れていました。

1.膝が痛い
2.彼が連絡をしてこない
3.上司の考えについていけない
4.後輩(女)と相性が悪い
5.新入社員が入社してくることのプレッシャー

さて、あれから20日ほど経ちましたが・・・。

1についてはなぜか回復しております。
グルコサミンが効いてきたようです。

2についてですが、最近彼の勤務が早くなり、
それによって連絡が取り易い環境になりました。
そのため、連絡が彼のほうからもちょくちょく来ます。

3については微妙です。
先日、余りにも変だと思ったことがあり、
ハッキリ言いました。
そしてそれは他部署の人にも指摘されたようで、
かなり良い薬になったようです。
ただ、私自身もハッキリ言うときは言うことと、
やはり上司なので頼る気持ちや尊敬する気持ちも忘れてはいけないと思います。。。

4については良好になってきました。
相変わらず体臭はキツイのですが、
やはり同じ職場で仲良くやっていきたいので、
なるべく彼女を頼り、優しく接して行く様に心がけています。

5について、プレッシャー自体には慣れました。
彼女自身は良い子か悪い子か普通の子か(古い!)まだわかりません。
ハムテルが彼女にべったりになるという危機感からは解放されました。
目の当たりにして、私自身が嫉妬の鬼となるかと案じていたのですが、
全然そんなことありませんでしたのでホッとしています。
それはハムテルの態度が公平だからだと思います。

彼女に冷たくして、私に優しいということもありません。
彼女に優しくすることもあります。
でも、それは先輩として優しくしているのが見ていてよくわかります。
それは私が見ていても、そういう風に接してあげたほうが、
入社したばかりで不安の大きい彼女には良いだろうと思うことなので、
ハムテルがそういう態度を取ることがとても頼もしく思うのです。

やはりハムテルの性格はとてもよいと思います。

と言うわけで、
疲れる理由はかなり緩和されました。



posted by リナ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小さなことだけど大事なこと

ハムテルのことはかわいく思っているけれど、
それとこれとは話が別だ。

それとこれとは仕事上のこと。

ハムテルからある仕事を頼まれたのだ。
ハムテルは明日は出張でいないから、とのことで。

私もそのときあまりにも別の仕事で忙しくて判断能力を無くしていた。
なので、安請け合いしてしまった。

でも、やっぱりどうも矛盾していることに気づき、
上司に打ち上げたのだ。

理由その1。
お金が絡む仕事なので、人に頼むことではないこと。
理由その2。
出張は突然決まったことではないので、
計画的にやれば前日にも出来たはず。
何もその日にやらなくても良い仕事だったのではないかということ。

上司は私が思う以上に怒った。
やらなくていい、本人に来週やらせろ。
そう言われた。

その旨出張中のハムテルに伝えた。
帰ってきたハムテルは本当に心底申し訳なさそうな態度で謝ってきた。

私は胸が痛んだけれど、
やっぱり上司に打ち上げて良かったと思った。

小さなことだったけれど、大きな問題になってしまったけれど、
きっと大事なことだったはずだと思う。



posted by リナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

惹かれる理由

彼にしてもハムテルにしても、
趣味があまり合いません。
好きな話とか合いません。

彼といえば格闘技系の番組が好きで、
戦争ものとかドキュメンタリー風の映画が好きで、
ゲームも戦う系が好き。
そして犬が好き。

私はお笑いとか歌番組が好きで、
恋愛ものの映画が好きで、
ゲームはパズル系が好き。
そして猫が好き。

ハムテルといえば数字やグラフを分析することが好きで、
私はそういうのを見れば頭が痛くなるタイプ。
どちらかと言えば、文書を作ったり、添削したりするほうが得意?


彼とはプライベートでしか会わないので、
テレビで格闘技系の番組をやっていると、そちらを優先して観る事になり、結構退屈ですわ。
映画も彼好みになりがちだし。
ま、それはそれで観る幅も増えるからいいんですが。。。

ハムテルと上司と3人で仕事の話をしていたとき、
文字の多い資料を見ていてげんなりしていたハムテルが、
グラフや数字の並ぶ資料を見たら活き活きとして、
饒舌に話すのを見て驚いた。

こうやって自分と違うタイプの人に惹かれる理由ってなんでしょうね?
自分にないものを求めるっていうのは、本当にあるのかな?
ないものを他人で補おうとするのでしょうか?



posted by リナ at 16:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

19歳

ハムテル抜きで、
ハムテルの同期の男の子と一緒にカラオケをする機会があった。
二人きりではありませんよ、
ハムテルの先輩も一緒。
私の先輩も一緒。

歌を歌うと世代の差、というものを感じます。
私がつい最近の歌、と思っている歌も、
その人にとって見たら、ほんの子供のころの歌だったりする。
ちょっと懐かしいかなー、と思った歌は、
その人はまだ生まれていなかったりするんです。

こわいこわい。私も年を取ったものです・・・。

で、
ハムテルの同期の子には彼女がいるそうです。
彼女の年齢は19歳だそうです。

えーーー、19歳?
犯罪じゃない?
と思いましたが、その人はハムテルと同じまだ23歳。
たった4歳の差しかないのです。
なので全然OKなわけですね。

いいなぁ。。。
19歳のコと付き合えるなんて・・・、
と、逆にそちらを羨ましがったりしてw

19歳のコは、19歳であるということを、
別段感謝もせずに毎日生きているんだろうなと思った。
あたりまえだけど・・・。
自分もそうだった。
あのころは、自分はいつまでも若くいられるんだと思っていた。
来年二十歳になるのが信じられなくて、
30歳になるなんて思ってもいなかった。

あぁ、、、一日でも19歳に戻れたらいいのに。
そしたら、その日一日だけは思い切り若いファッションをして、
朝から晩まで遊び狂ってみたい。
そして出来れば、その年齢でハムテルに会ってみたい。

posted by リナ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

見た目

最近はハムテル日記という感じなのですが、
寝ても醒めてもハムテル一色というわけではありませんよ失恋

土日になれば私もやることがあります。

・・・実は車椅子の方とお知り合いになりました。
こうやって「車椅子の方」と書くこと自体、
偏見に満ち満ちていると思いますが、どうかお許しください。

というのは、私にも「車椅子」的なものがあるので。

そのことについては過去記事にもありますが、
かなりいろいろ悩んでいましたし、
今でもやはり悩んでいます。
悩んでもわたしの「車椅子」的なものは一生ついて回るものなので、
仕方ないのですが・・・。

一番気になるのはやはり人目。
皆は何も聞いてこないけれど、常に見ているわけなので、
何かしら思っているのでは?
特に不快感を与えているのでは?と思います。

彼と知り合い、彼も何も聞いてきませんでした。
聞いてみたら、
「気にしてねぇよ。」
と言われました。
本当に嬉しかったのですが、やはり「ほんとかな?」と思っていました。


ところがその方と去年の終わりぐらいから度々お会いする機会があり、
最初は、
「あぁ、あの人車椅子なんだ。」
と思いました。
正直、、人間関係が狭いので、車椅子の方とお話したことすらありませんでした。

ところが回を重ねて会ったり、時にはお話することで、
車椅子は目に入らなくなってしまいました。
一番気にならなくなったのは、その方とお話しするようになってからだと思います。
その人の性格が見えてくるようになったからです。
とても人間的に魅力のある人なんでしょう。

彼の
「気にしてねぇよ。」
は本当だったんだ、と思いました。
いえ、決して私は人間的に魅力がある人ではありませんが、
私の悩んでいたことが取り去られ、
とても晴れやかな気持ちになりました。

もっと早くお会いしたかったです。

ちなみに、その方は男性です。
たぶん私よりかなり年下です。
顔も良いので、ハムテル的な存在になるかもしれませんわーい(嬉しい顔)
つくづく私って、面食いで年下男が好きですねー。
今度、ご飯を食べに行く約束をしています。
但し、皆さんと一緒にですが・・・。









posted by リナ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

ハムテル=ジェリー

下の記事にありますように最近トムジェリが懐かしくて、
よく観ています。
ジェリーたんったら本当にかわゆ〜い。
萌え萌えしながら観ておりますが、
この気持ち、、、ハムテルを思う気持ちと似ています。

実は昨日は出張だったハムテル。
今朝、会ったとき、こちらは普通に挨拶を交わすつもりが、
ジーっと見て懐かしそうににっこり微笑んだ(気がしました)。

ハムテルは私が可愛いって思っているのを知っていて、
自分がどうすれば可愛く見えるってわかってるんじゃないのか?


そんな気がしたりして・・・。

あまりに無邪気すぎるのも困ります。
先日通販で下着を買い、会社に届けてもらうようにしてあったものが、
今日届きました。
ハムテルが受け取って、セシールと書かれたダンボールを持ってきてくれたのですが、
「なんですか?これ。」
と聞いてきました。
「いや、、、個人的にちょっとね。」
これで会話は終わるはずでした。ところが、
「へぇ。ナニ買ったんですか?」
そこまで聞くか?
セシールと言えば、パンツやパンストが売りなのに・・・。
・・・まぁ、イマドキの男の子はそんなこと知らないか。
とは言え、女の子の買い物の中身を聞くなんて失礼じゃないの?
・・・ってか、女の子と思われていないのかorz

「パンツー♪」、とは言えず、「ブラウスとかね・・・」と誤魔化しました。
なんだかドキドキしてしまいました←バカ




posted by リナ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

お子様?

Kのことがどうも誰かに似ている気がして仕方なかったのですが、やっとわかりました。

マニアックですが、「動物のお医者さん」の漫画に出てくる、
「ハムテル」くんです。

hamuteru.bmp

なので、これからはハムテルと呼ぶことにします。

ハムテルは、私にとっては年よりもだいぶしっかりした、
頼りになる男の子なのですが、
周りの女性軍から聞く話ではずいぶんと違うようです。

私の点数がもともと甘いのかもしれませんが・・・。

先日、ハムテルと後輩女子がお話していた会話を聞いていましたが、
まるでお母さんと息子のようでした。。。

私が年の割にはしっかりしなさすぎているからなのかも知れません。
でも、30、40過ぎている人でも、本当に頼りないなーと思うことも間々ありますが、
ハムテルに対しては頼りないなーと思うことはないのです。

ま、そこらへんについてはあまり深く考えなくても良いでしょう。

ちなみに、最近、彼からのメールが立て続けに入ります。
あまりに私が引きモードだからでしょうか?
いいですよね、たまには焦らすのも。

ちなみに彼はこの人に似ています。
hideakiito.bmp

伊藤英明さんですが、似ているといわれたことはないそうです。
渡部篤郎とか、郷ひろみに似ているといわれるそうです。
その二人もずいぶんかけ離れている感じですが・・・。

なので、ハムテルに似ているというKも似ていないかもしれません。。。



posted by リナ at 21:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不足するとダメなもの

私の場合、とにかく寝不足がだめらしい。
寝不足になると気持ちが後ろ向きになり、
鬱々としてしまう。

次に笑いが足りないとだめみたい。。。
それもかなり強烈な笑いがないと。
金曜日の夜、自分の物忘れの激しさを話してくれた同僚がいた。
その人は、本をよく買うらしいのだが、同じ本を2回買ったり、
漫画の1巻と2巻を買ったつもりが、10巻を2冊買ってしまったそうだ。
「あれにはまいったよー。」
という話が妙にツボにはまりました。

その笑いですが、なかなか難しく、
最近のお笑いは理屈が多すぎる感じがして、
もっと単純に笑いたいものです。

50年前、60年前に作られたアニメですが、
単純に笑えていいですね。

posted by リナ at 09:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

整理

昨日はあんなに辛くて切羽詰っていたけれど、
ココに吐き出したらだいぶ楽になった。
やっぱり書くことでいろいろ整理出来たからかもしれない。
(整理をつけてくれたコメントもあったことも大きかったと思う。)

それにやっと来た週末。
彼ともKとも会えない週末だけれど、
予定は入っている。

だから明日はそれを目いっぱい楽しむのだ。
そして月曜日からは又悩みっぱなしになるかもね。
そしたらまた、ここに吐き出しますわーい(嬉しい顔)
posted by リナ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

疲れる理由

あー、なんでこんなに毎日疲れるのかしら、っていう程疲れている。
朝から疲れているから仕方が無い。
夢で疲れるから・・・。
それでも以前ウツをわずらったときのような恐ろしい夢は見ないからまだマシなのですが。

疲れる理由を考えてみた。

1.膝が痛い
2.彼が連絡をしてこない
3.上司の考えについていけない
4.後輩(女)と相性が悪い
5.新入社員が入社してくることのプレッシャー

こんなところでしょうか。
1については前々からで回復しつつありますが、まだイマイチ。
病院にいこうと思いますが時間がなくて・・・。

2ですが、私からも連絡をすればいいのですが、
なんとなく彼からして欲しいのです。
今、彼は深夜まで働いているので、電話でも話せません。

3についてはもういろいろあって。。。
上司たるもの、自分の発言に最後まで気を抜かないで頂きたいのですが、結構コロコロ変わるのです。
それも、変わったという意識がなかったり、
忘れていたりします。
おかげで振り回されます。

4については仕方ないですね。
いじめられないだけマシ、ということで。
でも最近暑い時に彼女の体臭が結構きつくて。。。

5も仕方ないことなんですが。。。
それに、たぶんKをとられる(私のものでもないのですがw)危機感を感じているのでしょう・・・。
若い者同士の方が気も合うでしょうし、話も合うでしょうから。
それも仕方ないのです。

それにしても仕方のないことって多いです。
我慢するしかないんでしょう。
我慢できずに爆発できたらどんなにいいかと思います。
けれど、爆発する勇気もなく、
きっと内に溜まり、それが疲れのもとのような気がします。

posted by リナ at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

変化

それにしても、、、
長い間(と言っても3年くらい)ブログをやっているといろいろあるものです。

最初はM女の嘆きだったのが、
恋する女の呟きになり、
最近ではお局の叫びになっているような気がします。
女ってこわいね。
っていうか私がこわいのか。
こうも変わるなんて・・・。

今日もちょっとした事件がありました。
あまりにも性格の悪さを強調するような内容なので、
控えておきますw

行く末はどうなるのでしょうか?
自分でも楽しみです。

posted by リナ at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

ママ化

午後。
ちょっと疲れたので給湯室へサボりに行った。
すると先輩が既にいたのですが、
「あら、リナちゃん今から?さっきお客様に出したコーヒーが余ってるから、少しぬるいかもしれないけど飲んで〜。
私はもう行くから。」
と言い残して去っていきました。

コーヒーをガラスのポットから注いで飲んでいると、Kがやってきたexclamation×2
「コーヒーあるからもらえばー。」
と素っ気無く言って私は外を見ていました。
ちょっとドキドキしてしまうんです、さすがに二人きりになるとあせあせ(飛び散る汗)
なので、なるべく二人きりの時は素っ気無くしています。

にも関わらずKはペラペラと話しかけてきます。
・・・嬉しいんですけどね。
「あぁ、、、このコーヒーって、コーヒーメーカーで作ったやつですよねー。
マメを挽いて漉したんですよねー。
どんなマメでもこうできるんですかねー。
たとえば大豆を挽いて漉したらどうなるんですかねー。
豆乳が出来るんですかね。」

なんてわけわからないことを言ってきます。
なんか、これって子供がいろいろ不思議がってお母さんに何か突拍子もないことを聞いてくるのと似てませんexclamation&question

そう思うと可笑しくてたまらなくもあり、
少し悲しくも思ったり。


posted by リナ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

女の子の扱い

戯言です。

「女の扱いがうまい」というと、
あまり聞こえがよくありませんが、
それはつくづく大事だと思う昨今。
「男は単純」と言いますが、
女だって十分単純なのです。

実は今度、新しく入社してくる新人の女子が参ります。
彼女はとっても出来が良いそうです。
それだけ一言言えば済むものを、
どれだけ出来が良いかクドクド話されると、
こちらも面白いものではありません。
おまけに、
「彼女の歓迎会の次の日に、休日出勤させるのはかわいそうだから、別の日に。」
なんて話まで出る始末。
私は正直言って上司たちの馬鹿さに呆れました。
そして、その女子に対してつまらない嫉妬を持ち、
あまり関わらないようにしたい、と思ったりしました。
(人間が小さいので・・・。)

ある別の上司は、その新人の女子の
ちょっとした欠点を軽くけなしました。
それを聞くと、私としても可哀想に思い、
「そういうところは教えていくようにして、面倒みよう。」
っていう気になったりしました。

誰だって自分以外の女子を必要以上にクドクド褒められればいい気持ちはしません。
(もちろん一言、二言もお褒めの言葉はOKです。)
例えどんな相手であっても・・・。
その女子がいい人であろうが、知らない人であろうが、
です。

「そんなこと気にするな」
と仰る人もいるでしょうが、
女の子の心は単純且つ繊細なのですよ。
逆に、そんなこともわからないのでしょうかねー?
と思います。

後者の「ある別の上司」の方は、頭のいいやり方だと思います。
自分が多少の悪者になり、女子同士仲良くさせるように仕向ける、という。
意識的にやっているかどうかわかりませんが・・・。



こんなこともありました。
重い荷物を持っている私に、
何も言わずにドアを開けたり、片方を支えてくださる人と、

「大丈夫ですかぁー?」
と言いつつ、素通りする人と。
(大丈夫ではないから助けてー、と言おうにも、立ち止まりもしていないのですから、声をかけそびれてしまいます。)

下手な言葉をかけて、素通りするなら、
無言で素通りしてくれたほうがよほどいいと思います。
でも、結構そういう人、多いんです。
「一応は声を掛けた。俺はいい人。」
という、自己満足が見え見えです。

とは言え、私がこのブログで嘆いているときに、
「大丈夫ですか?」
とコメントくださる人を、そんなふうに思っている、
ということはありません。
言葉だけの世界ですし、本当にその一言をコメントして下さるだけで、
心強く思い感謝しています。




posted by リナ at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。