2007年02月24日

言い争いならば救われる

一週間前と比べるとこんなに気持ちが穏やかなのが嘘のよう。


先日買った俳句集の仲に、
「口きいてくれず冬波見てばかり」
というのがありました。

その解説では、
「せっかくふたりで海をみているのに、
 彼は口をきいてくれません。
 けんかも言い争いならばまだ救われるのに。」
という一文がありました。

振り返ってみると、私たちはけんかをしても、
黙りあうということはありませんでした。
どちらかが黙り込んでしまう、ということもありません。

一生懸命自分の気持ちを言っているにもかかわらず、
相手が黙り込んでしまったとしたら、
これほどさびしいものはないと思います。

こちらが言って、
相手が言い返してくるうちは、
けんかをしてもまだ大丈夫なのかな?
と思ったりしました。



posted by リナ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

女はどうして

彼女の哲学という本がありました。
読んではいませんが、見かけました。
その帯にですね、

女はどうして
 男を困らせることばかりするのだろう


とあり、思わず苦笑。

彼の気持ちを代弁しているように思えました。
身勝手な言い分。
私は私で、彼はどうして、と思うように、
彼は彼で、リナはどうして、と思っているのでしょう。

少し彼の気持ちがわかったような気がしました。
posted by リナ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

俳句集




帰りに寄ったローソンで見つけました。
猫の写真があまりにも可愛くて。。。

恋を詠んだ俳句が、可愛い猫の写真とともに紹介されています。

俳句なんてまったく興味の無い私。
そんな人のために、俳句に親しんでもらおうと、
猫の写真を餌にしたそうです。
私はまんまとその餌に釣られたわけです。

恋をしたときのせつなさ、
痛さ、
嬉しさ、
寂しさ、
喜び、
悲しみ、、、

俳句を通して紹介されています。
ふと、共感し涙してしまった句も。。。

まるで私のことを言っているような句をひとつ紹介させていただきます。。。


泣 く こ と も 柿 剥 く こ と も 下 手 な り け り








posted by リナ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | もろもろ感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

同調の続き

話しても無駄だと思っても話そうと思ったりする。
それで、それなりに相手の都合を考えている。
でも、どうしてもタイミングが合わなくて、
勝手にその時を待ちわびていた私は、
彼に突然泣き叫んでしまった。

私としてはずっと考えていたことなのだが、
相手にとっては突然のことなのでわけわからない。

これからためないように小出しにしようと思った。


ところで彼は私のことを考えてくれているのだろーかと、思ったりする。
期待が強い分、ちょっとした期待が叶わないと落胆する。

今日は、彼の友達とちょっとだけ話した。
彼の友達は、私にも彼にもよくしてくれる。
とっても親切な人。
ただ単に親切なだけなのかなーと思ったんだけど、
私のちょっとした話し方で、
「元気ないね」
と言ってくれた。
あぁ、この人は本当に優しい人かも知れない。

すごく嬉しかった。
期待していなかったから。
でも、彼に何も期待しないなんてそれも悲しいよね。


posted by リナ at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

同調?

私の悪い体質なのですが、
例えば、頭の痛い人がいたとして、
その人と一緒にいると頭が痛くなります。
不思議なもので、例えば捻挫をして脚が痛い人がいたとして、
その人と一緒にいると同じように脚が痛くなります。
逆を言うと元気な人と一緒にいると自分も元気になるのです。

ところが、一緒にいなくても悪い知らせを聞くと自分も同じような気持ちになります。
しばらくすると復活するのですが、今はその真っ只中です。

あまり親しい付き合いはなかったのですが、会社のある女性が抑うつ症で、昨日会社を辞めました。
彼女がうつとは知ったのは今年に入ってから。
辞めるという噂から、一転して、気持ちを切り替えやはり辞めないということになっていたので、本当に驚きました。
11月に会社の催し物で顔を合わせた時は、ちょっと痩せた感じもしましたが、元気ハツラツ、と言った感じでした。
それに今月のはじめには、昨年彼女が良い仕事をしたことから表彰をされたりしていて・・・。

それなのに、もう、会社に来るのが怖いほどになってしまったそうです。退職届も出すことも出来ず、代わりに親御さんが届けられたそうです。

私は、会社に行くのは嫌だったけれど、怖い、というほど酷くはありませんでした。
でも、以前の自分を見ているようで・・・。

理由はいろいろあると思いますが、わかりません。
もう、彼女と話をすることもないでしょう。

ただ、本当に辛かったんだろうな、と思うと、
心が痛みます。
もう少し、何か出来たらよかったのに・・・、と。

本当はこの気持ちを彼に話して理解してもらいたいと思います。
そうすれば一番気持ちが楽になるのですが、それは無理なこと。
今までもそのようなことを試みましたが、ダメだったので。。。



posted by リナ at 11:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 嘆き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

どこがいいのよ?

masaaki.bmp

結構ミーハーかも知れない彼と私。

テレビを観ていて誰がいい、とかいう話が結構出る。
彼のお気に入りといえば、
・木村カエラ
・安田美沙子
・持田香織
・三船美佳
・BOA
(誤字ありましたら失礼・・・)
よくわかんないけどどこがいいんでしょう。

例えば藤原紀香とか松嶋菜々子とかならわかるよ。
でもなんか、、、
結構若いし、そこらへんにいるといえばいそうな感じなないの??
まぁ、そりゃーかわいいけどさぁ。。。

私も言えないんだけど。。。
今、「風林火山」がやっていますよね。
アレを彼が観るから、私も観る様にしているのですが、
もう一つの理由はガクトが出るから。
ところがそのガクトがなかなか出ない。
それでも観ているうちに、主役の内野聖陽が好きになってしまった。

「ねぇ〜、内野聖陽ってかっこいいよね〜。
 あんなふうに片目を隠して、
 髪の毛もボサボサで薄汚いのに、
 なんであんなにかっこいいんだろうね〜揺れるハート

と言った私に、

「は?どこがかっこいいの?ぜんぜんわかんない。」

と言われてしまった。

お互い様ってことですかね〜バッド(下向き矢印)


posted by リナ at 21:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

今年のバレンタイン

バレンタインに会えないのはそれほど苦になりません。
クリスマスイブとか、年越しに会えないほうが苦になりそうです。

今年は、彼には、早々にバレンタインの贈り物と称して、
コートとジーパンを買ってあげました。
そして、今週の日曜日も会えたので、
ロイズの生チョコをあげました。
なんか貢ぎすぎ??
いえいえ、コートもセール品で安くなっていたものだし、
生チョコも、ほとんど私が食べてしまいましたわーい(嬉しい顔)

あと、とってもお世話になっている先輩ご夫婦に、
二人で食べてください、と言ってチョコとお煎餅をあげました。

Kくんにはあげませんでした。。。
私から貰ってもお返しに気を遣わせるだけだし、
それに私が男だったら、年配の先輩から貰いたくないと思うしね。
誰か良い娘から貰えるといいねハートたち(複数ハート)

てか、私が男だったら、チョコレート貰えるのかなぁ。。。

posted by リナ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

離れていても。

事務所内での席替えがあり、Kと私は離れた。
今までかなり密着していた席だったのが、
一気に離れた挙句、
Kは最近出張でいない。
おかげで私のK熱はすっかり褪めた、醒めた、冷めた。
(どの字が正しいのでしょう?)

あれほどかわいくいとしく思ったKなのに、
ほんのつかの間離れてみたらこんなに呆気なくさめてしまうものでした。

彼への思いはさめないのにね、
離れていてもね。
posted by リナ at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。